イートインの消費税が機能していない問題と脱税

 

このようなポスターを見かけることはないだろうか。

そう、コンビニでイートインする場合は、「外食」扱いになり、消費税は10%になるのだ。

なので、イートインを利用する場合、店員への申告が必要となる。

しかし、それに気づかずに、普通に申告をせずに使用しているケースがある。

 

店員も、それに気づいていてもわざわざ消費税の訂正をしない。これをいちいちチェックすること自体がコストなのだ、であれば2%は目をつむればいい、という考えだろう。

つまり、「申告しない」人が有利となっている構造である。逆にいうと申告する人は損をしていることになる。

 

ただ、これはそもそも法的にはどうなのか?

 

「イートイン脱税」という言葉があるそうだ。

そう、今載せたようなことは、小さな脱税に該当する行為ということだ。

 

何回も続ければ、法的にはアウトとなる可能性がある。

実際にそのような人を聞いたり見たりしたことはないのだが。

 

なので、逮捕されることは限りなく可能性として低いが、申告することが正しいことである。皆さんも気をつけて利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です